放射線測定局について

放射線測定機器

空間放射線量率は、ガンマ線による線量率を測定します。測定器にはNaI(Tℓ)シンチレーション検出器を用いた低線量率計と 電離箱検出器を用いた高線量率計の2種類があります。2種類の測定器を併用することで、広範囲にわたる線量率の測定が可能です。

低線量率計(NaI(Tℓ)シンチレーション検出器)

ガンマ線がNa(Tℓ)結晶に入ると、ガンマ線のエネルギーに比例して蛍光(シンチレーション)を発生します。 この検出器では、低線量率のほかにガンマ線のエネルギーに関する情報も得られるため、 マルチチャンネルアナライザー(MCA)を付属させてエネルギー別の解析を行うことができます。

高線量率計(電離箱検出器)

ガンマ線が電離箱に入ると、検出器内部に加圧して封入されたアルゴンが電離され、電気信号に変換されます。 高エネルギーである宇宙線も測定するため、線量率が低いレベルのとき、低線量率計よりも高い値を示します。

気象観測装置

風向・風速・雨量・感雨の測定を行っています。

風向・風速計

垂直尾翼によって、風圧が最小となる方向である風向を検出します。 また、前部プロペラの回転数から風速を計測します。

雨量計

雨量計は、内部が2つの「ます」がシーソーのような構造になっており、一定量の雨が「ます」にたまることで 反対方向に転倒して水を下に排出します。その転倒数を計測することによって降水量を測定します。

感雨計

直径0.5mm以上の雨滴が付着すると、電極間に電流が流れることで雨を感知します。

ダスト・ヨウ素モニタ

大気中の微粒子などを集じんして、アルファ線やベータ線、ガンマ線の測定を行う装置です。

ダストモニタ

ろ紙に集じんして、アルファ線、ベータ線を測定します。検出器にはZnS(Ag)+プラスチックシンチレーション検出器を使用します。

ヨウ素モニタ

活性炭カートリッジに集じんして、ヨウ素131が放出するガンマ線の測定をします。検出器にはNal(Tl)シンチレーション検出器を用います。